ヤマハPAS CITY-Xで気ままに電チャリライフ

ミニベロ電動アシスト自転車(PAS CITY-X)であちこちお出かけサイクリングした時の記録を残してます。

岩井崎から室根山を抜け、花巻温泉郷の奥座敷「台温泉」を目指してみる

道の駅むろねから望む室根山

道の駅むろねから望む室根山

 

電動アシスト自転車で北東北ユルポタの旅、第2日目。

 

本日は、昨日、辿り着きました南三陸 気仙沼「岩井崎」を出発しまして

pas.hateblo.jp

 

室根山南側の北上山地を横断して水沢に抜け、水沢市から花巻市まで国道4号を北上し、花巻温泉郷奥座敷「台温泉」に向かう北上山地横断の126.64kmコース。

 

本当は遠野の方を巡って北上山地を横断してみたかったのですが、今年4月に開通した気仙沼気仙沼大島を結ぶ、東北初の離島に架かる海の上のアーチ橋。気仙沼大島大橋を渡ってみたかったので、そちらを回ると、バッテリーが保たないかもということで、遠野はいずれということで、今回は、まずは気仙沼大島大橋に向かってみることに。

 

昨日、岩井崎に到着したのが夕立が降りそうだった日暮れ前だったので、本日はまず目と鼻の先の岩井崎を、朝方に散策。

 

気仙沼の南、階上地区にある岩井崎は、古生代ペルム紀(2億8千年前 - 2億5千万年前)に形成された石灰岩が波と雨水によって侵食された岩場が続いている太平洋に面した岬で、遠くに、牡鹿半島金華山、田束山や徳仙丈山も望める見晴らしのいい岬で、

岩井崎

 

ギザギザに浸食された石灰質の潮吹岩では、岩の割れ目から潮が吹き上がる光景で有名なところです。

岩井崎の潮吹き岩

 

 

岬の周りには、波で浸食された奇岩がゴロゴロ。岩井崎の石灰岩地帯

 

 

岬の左手には岩井崎灯台があり

岩井崎灯台

 

灯台のそばには、黒松に混じって、ユリの女王様

ヤマユリと岩井崎灯台

 

ユリ科の中でも最大級の大きさの見事なヤマユリまで咲いてました。って、これヤマユリですよね? 山百合というから山の中に咲いてるのかと思ったら、こういう岬にも自生しているのですね。

岩井崎のヤマユリ

 

と、岩井崎を散策した後は、気仙沼湾を挟んで岩井崎からは対岸に見える気仙沼大島に向かってまずは出発。

岩井崎から眺める気仙沼大島

 

気仙沼市街を通り

気仙沼市街

 

気仙沼港を見ながら

気仙沼港の漁船

気仙沼港


真新しい宮城県218号大島浪板線に乗り、一路、気仙沼大島大橋に向かっていると

宮城県道218号大島浪板線

 

途中、気仙沼大島大橋とは別に、海に掛かる橋の橋脚と思われる大工事が行われているではないですか!

 

なんだ、なんだ〜〜、と思ったら、気仙沼湾湾奥部を南北に横断する三陸自動車道の新ルート、気仙沼インターチェンジと大島インターチェンジを結ぶ予定の東北地方で最大の斜張橋になる気仙沼湾横断橋の工事なんだとか。

 

震災後、気仙沼に初めて来ましたが、津波ですっかり街中も変貌してましたが、気仙沼も変わっているのですね〜〜。

気仙沼湾横断橋

 

そんな気仙沼を眺めつつ、大島浪板線を進んで行くと、現れました、気仙沼大島大橋

 

橋長 356.000m、最大支間長は東日本で最長の297mの海の上の鋼中路アーチ橋。

 

気仙沼大島大橋

気仙沼大島大橋

 

おーーー! すげーー!って感じで

気仙沼大島大橋

 

真新しい橋の上を自転車で渡るって気持ちいいですね〜〜。橋の上からの眺めも素晴らしく、思わず、2、3度往復した後は(笑)

気仙沼大島大橋から望む気仙沼湾

 

大島を1周したいところだけど、本来の目的地とは逆コースなので、一路、気仙沼市内に戻り、国道284号に乗り、

 

ひとまず一関方向へ岩手県に突入。

宮城県と岩手県の県境

 

のどかな田園風景の中を進み、昨年開通したばかりの国道284号のバイパス、室根バイパスに乗り

国道284号

 

坂を登って行くと

国道284号線

 

現れました、室根山(895メートル)と昨年オープンした真新しい道の駅むろね。

道の駅ねむろから望む室根山

道の駅ねむろから望む室根山

 

道の駅ねむろ

 

とちょうど、お昼時なので、Googleマップ調べたら口コミでは美味しいとの評価の「からあげ家」さんの唐揚げ弁当で、休憩も兼ね今日の昼食。

からあげ家

 

奥州いわいどりの本家本元。

室根山周辺で育てられた若鳥の新鮮な肉を、その場で揚げた唐揚げが美味くないわけはない!

道の駅ねむろ「唐揚げ弁当」

 

と、お昼休憩の後は、

室根山

 

R284をもう少しだけ進み

国道284号


Googleナビの最短路を参考に、岩手県道10号江刺室根線から更に横道に入って

国道284号と岩手県道10号の分岐点

 

山の中へ。にしても、陽が出て来たら、今日も暑い!

ということで、山の中の細道を走っていると、トマト100円の路地売り。

トマト直売所

 

けっこう型の良いトマトが3個100円。

産直トマト3個100円

 

水分補給を兼ねて、ガブリ! いや〜〜、めちゃ、うめ〜〜! スーパーで売ってるものより味が濃厚で甘くて美味い! 冷えてたら、もっと、美味いんだろうな〜〜!などとやりながら

瑞々しくて甘くて美味いトマト



国道343号に入り、更に山の中をひた走り

国道343号

 

 

奥州市街の人里に突入。

水沢付近の北上川

水沢 秋の田園風景

 

後は、今日の目的地、台温泉まで花巻まで国道4号を北上するだけなので

国道4号 水沢市街

 

宿は経費節減の素泊まりなので、宿には軽いツマミでも買って行こうかと、めしの半田屋水沢店で早めの夕食を取り

めしの半田屋 水沢店

めしの半田屋 水沢店

 

北上市を更に北上し

国道4号 北上市付近

 

花巻市街から途中からサイクリングロードも整備されてる岩手県道297号花巻停車場花巻温泉郷線で

花巻温泉サイクリングロード

花巻温泉脇の台温泉入口

 

花巻温泉郷奥座敷

山に囲まれた鄙びた小さな温泉街、台温泉到着!

台温泉の夕暮れ

 

 

今日のお泊まりは「かねがや旅館」さん。

外見は古いので、豪華さや格好から入る方にはおすすめできませんが、これを古いととるか、趣ととるかが人生の分かれ目。

かねがや旅館

かねがや旅館

 

かすかに硫黄のにおいがするお風呂は、熱すぎずぬるすぎず、のんびりゆったり浸かれます。

かねがや旅館「寿の湯」

 

と、ダラダラ書いて、2日目終了!

 

明日は、今回のユルポタの旅の目的地の一つ、奥入瀬渓谷、十和田湖目指し、手前の中継地点、八戸目指して岩手県を北上だ〜〜!

 

つづく。