ヤマハPAS CITY-Xで気ままに電チャリライフ

ミニベロ電動アシスト自転車(PAS CITY-X)であちこち出かけた時の記録を残してます。

秋保温泉・二口峡谷をPAS CITY-Xでブラブラ流して来ました。

最近、山奥好いてますが、 秋保温泉・二口峡谷界隈をPAS CITY-Xで流して来ました。

 

コースは以下で88km程のコース。

 

県道286号から秋保街道に入り名取川上流の渓流沿いの道を二口渓谷目指して西へ西へ。

f:id:memomemokun:20170912191229j:plain

f:id:memomemokun:20170912191130j:plain

f:id:memomemokun:20170912191809j:plain

 

二口渓谷入り口にある秋保ビジターセンター。

ここから二口渓谷を抜け山寺まで続く二口林道が始まるのですが

f:id:memomemokun:20170912191902j:plain

f:id:memomemokun:20170912193847j:plain

 

 

 

お!っと

後から知ったら『<二口林道>全線舗装に向け<日曜日以外>全面通行止めとか!』

f:id:memomemokun:20170912192825j:plain

 

 

<二口林道>全線舗装へ 宮城側17年度着工 | 河北新報オンラインニュース

f:id:memomemokun:20170912205505j:plain 

仙台市太白区秋保町山形市山寺を結ぶ林道「二口線」(二口林道、全長約19キロ)の宮城県側約10キロについて、林道を管理する県が2017年度に全区間の舗装工事に着手することが28日分かった。山形県側約9キロは舗装済みで、秋保-山寺間の全線が舗装道になる。紅葉シーズンの1カ月程度だった通行期間が、18年には春~秋にかけて通行可能になり、仙山間の観光交流が一層活発になりそうだ。

 

 

高さ150メートル、長さ3キロメートルの絶壁、磐司岩を見てから、

 

標高1,000m近い二口林道の峠越えで、松尾芭蕉の『閑さや岩にしみ入蝉の声』(「奥の細道」)の俳句で有名な山寺(立石寺)まで、PAS CITY-Xで抜けられる感じなのか、二口林道をどこまで登れるか試してみようかと思ったのですが、なんてこったい(笑)

 

でも、まー、上の方は砂利道だった二口林道が全面舗装との事。開通を首を長く待つ事にして、仕方ないのでUターン。

 

秋保大滝をちょと見てから

(全般ピントがボケててスミマセン。iPhoneのレンズが汚れてたかな)

f:id:memomemokun:20170912190637j:plain

 

秋保街道から西仙台ハイランド脇の峠を越えて国道48号から一旦は、仙台まで戻る事にしたのですが、秋保まで来て温泉に入らないでそのまま帰るというのも礼儀に反すると思い直し

 

愛子から錦ヶ丘の仙台市天文台の脇の道を抜け、峠越えで、再度秋保温泉までUターン。

 

源泉から直接お湯を引いてる一風呂300円で入れる秋保温泉共同浴場で汗を流してから帰って来ました。

f:id:memomemokun:20170912190556j:plain

 

 

走行データ。

途中、下り坂で、時速60kmを超えそうになり車がなければそのまま突っ走ったと思うのですが、ハンドル操作をミスって転んだ拍子に後ろに付かれた車に轢かれちゃまずいと思い、思わずブレーキで減速してしまった。

 

f:id:memomemokun:20170912192915j:plain

f:id:memomemokun:20170912194115j:plain

f:id:memomemokun:20170912193048j:plain

f:id:memomemokun:20170912192858j:plain

f:id:memomemokun:20170912193004j:plain

f:id:memomemokun:20170912193017j:plain