ヤマハPAS CITY-Xで気ままに電チャリライフ

ミニベロ電動アシスト自転車(PAS CITY-X)であちこち出かけた時の記録を残してます。

電動アシスト自転車で325km。温泉三昧してみました。

週末、PAS CITY-Xで2泊3日で325km、温泉三昧しながら走ってみました。

 

コースは以下で

 

1日目は仙台市から国道4号宮城県内を北上し、大衡村から県道457号で色麻町加美町を抜け、岩出山町から国道47号で陸羽東線奥の細道湯けむりライン)沿いに鳴子温泉で温泉に浸かり1泊。

 

2日目は鳴子温泉界隈をうろちょろしてから、中山平『しんとろの湯』で一風呂浴びて宮城県境を抜け、山形県・小国川沿いの赤倉温泉、最上町、瀬見温泉の山道コースをひた走り、舟形町から国道13号で尾花沢市東根市天童市村山地方の山形盆地を南下しながら沼木温泉で本日2風呂目を楽しみながら山形市で2泊目。

 

3日目は、さらに百目鬼温泉、大の目温泉と山形市内をウロチョロ温泉三昧してから、笹谷峠経由で仙台に戻る、ルートラボで走ったコースを描いてみたらトータル325km、最大標高差 894m、獲得標高 上り:2694m 下り:2725mの宮城県北と山形県北東部をひた走る、温泉三昧コース!

 

ほんとは、後、半月後だと、各所で美しい紅葉も楽しめるコースなのですが、この機会を逃すと今月2泊3日の日程を取るのは難しく、取れたとしてもお天気具合でその日に実際に走れるとも限らず、そうこうしてるうちに、後1ヶ月も経てば、山の上では雪もチラホラしだすので、

 

天気予報もまずまずの予報でしたので、前々から走りたかった標高 1606mの刈田峠越えで蔵王連峰横断もしてみたかったのですが、

 

pas.hateblo.jp

 

今回はより広範囲に走り回る温泉三昧山越えコースを、蔵王連峰横断はまた次の機会という事で、この際、走れる機会に走ってみました!

 

本文の写真の説明はちょっとお待ちを。(只今まとめ中)

 

 

 1日目

 

初日は午前中用事があり午後14時からの出発で、まずは宮城県庁裏にあるワンコイン500円の海鮮丼の店『丼丸 ふじらい』で、海鮮丼を調達して出発。

f:id:memomemokun:20171003215503j:plain

 

マグロ、サーモン、ホタテ、イカ、イクラ、コハダ、甘エビとこれだけ具が入ってこれで500円は超リーズナブル。テイクアウト専門ですが、寿司屋がやってるだけあって、ネタも新鮮で、どんぶりの種類も2〜30種類。ウニ、カニ味噌、ネギトロ、数の子etcと好きな具材をトッピングして、自由に丼も作れます。

f:id:memomemokun:20171003215548j:plain

 

と、初日は、遅い出発なので、国道4号からから県道457号で色麻町加美町を抜け、岩出山町から国道47号で陸羽東線奥の細道湯けむりライン)沿いにひた走り、写真もあまり撮る暇もなく、走ってる途中で予約した鳴子御殿湯駅そばの東鳴子温泉 勘七湯という湯治宿で温泉に浸かり1泊。

 

鳴子には午後18:00頃に到着しましたが、着いた頃には完全に日が暮れてました。

f:id:memomemokun:20171003215640j:plain

 

f:id:memomemokun:20171003215703j:plain

f:id:memomemokun:20171003215742j:plain

 

 

2日目

 

2日目は、夜が明ける前に起き出し、鳴子ダム鬼首温泉郷と早朝ライド。

 

pas.hateblo.jp

 

鬼首温泉

f:id:memomemokun:20171001172328j:plain

 

鳴子ダム

f:id:memomemokun:20171001193607j:plain

f:id:memomemokun:20171001193836j:plain

 

朝の爽やかな空気を満喫してから、一旦、宿に戻り、朝の一風呂を楽しみながら、早朝ランで使用したバッテリーの充電が終わった頃を見計らって午後11:00頃鳴子を出発。

f:id:memomemokun:20171009190939j:plain

 

尿前の関入り口わきを通り

f:id:memomemokun:20171009191132j:plain

 

紅葉で有名な鳴子峡を抜け

f:id:memomemokun:20171003220232j:plain

 

f:id:memomemokun:20171003220418j:plain

 

絵葉書などで良く見かける鳴子峡の構図モード

f:id:memomemokun:20171003220452j:plain

 

 中山平 日帰り温泉『しんとろの湯』で一休みで、また一風呂。

f:id:memomemokun:20171003220638j:plain

 

山形県境を抜けると

f:id:memomemokun:20171003220713j:plain

 

異なる海に流れて行く水系の境界を大分水界と言うそうですが、この辺り一帯がまさにその大分水界で

 

近くには、目の前で、長閑に流れている小川が、太平洋(北上川水系)と日本海(最上川水系)に注ぐ流れに分岐する「大分水嶺」の不思議な光景を目の当たりに出来る、全国的にも珍しい堺田分水嶺なるものがあるのを発見。

f:id:memomemokun:20171003221601j:plain

f:id:memomemokun:20171003221701j:plain

 

 

小川の源は、 『蚤虱馬の尿する枕もと』の芭蕉の句で有名な封人の家(国境の番人の家)の方から流れて来るようですが、車で走ってたら、完全に見逃してたねというような、ひっそりとした桃源郷のような景色の中に、大分水嶺がありました。

f:id:memomemokun:20171003222145j:plain

f:id:memomemokun:20171003221839j:plain

f:id:memomemokun:20171003221855j:plain

 

 最上町の田園風景

f:id:memomemokun:20171003222850j:plain

f:id:memomemokun:20171003222758j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171003223051j:plain

 

瀬見温泉

f:id:memomemokun:20171003223548j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171003223525j:plain

 

新入社員の頃のアパートのような2泊目の末広旅館

f:id:memomemokun:20171003223830j:plain

 

お気に入り沼木温泉辻ヶ花で見つけた「やまべ牛乳」

f:id:memomemokun:20171003223855j:plain

 

f:id:memomemokun:20171003223940j:plain

f:id:memomemokun:20171003224005j:plain

 

 

 

3日目

 

蔵王はらしの丘 はらっぱ館

f:id:memomemokun:20171003224312j:plain

f:id:memomemokun:20171003224226j:plain

f:id:memomemokun:20171003224411j:plain

 

百目鬼温泉

f:id:memomemokun:20171003224622j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171003224701j:plain

 

f:id:memomemokun:20171003224922j:plain

 

大の目温泉

f:id:memomemokun:20171003225138j:plain

f:id:memomemokun:20171003225200j:plain

 

 笹谷峠

f:id:memomemokun:20171003225359j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171003225537j:plain

 

f:id:memomemokun:20171003225600j:plain