ヤマハPAS CITY-Xで気ままに電チャリライフ

ミニベロ電動アシスト自転車(PAS CITY-X)であちこち出かけた時の記録を残してます。

電動アシストで鳴子温泉⇒鬼首温泉⇒鳴子ダム近辺を流してみました

週末、PAS CITY-Xで2泊3日で300km。

 

陸羽東線奥の細道湯けむりライン)沿いに鳴子温泉中山平宮城県境を抜け、山形県・小国川沿いの赤倉温泉、最上町、瀬見温泉の山道コースをひた走り、舟形町から尾花沢市東根市天童市と山形盆地を南下しながら山形市を経て笹谷峠経由で、宮城県北と山形県北東部を走り回って来ました!

 

本編は、タダ今まとめ中ですがw

 

1泊目の宿泊地、鳴子温泉での2日目の朝っぱらに、鬼首温泉鳴子ダムをPAS CITY-Xで流して来たので、そちらの写真から。

f:id:memomemokun:20171001172328j:plain

 

 

コースは以下

 

まだ、夜も開け切らない日の出前の5時起きで山の空気を吸いに、鬼首、鳴子ダム辺りを流してみることに。

f:id:memomemokun:20171001175203j:plain

 

2つの長いトンネルがあるので、日中ならこのコースは自転車で走らないと思いますが、朝っぱらで、車もほとんど通ってないので、鳴子から鬼首への最短ルート、花渕山バイパス経由で鬼首温泉郷へ。

f:id:memomemokun:20171001175245j:plain

 

トンネル入り口。

ん?トンネル手前で歩道が消失。路側帯を走るには自転車ではちょっと狭いし、自転車侵入禁止の看板も出ていないし、いっちょ、車道脇を行ってみるか!

f:id:memomemokun:20171001175314j:plain

 

 

キャー!

 

トラックがもの凄い音を立て、トンネル内で自転車の脇を爆走して行った!自殺願望はないし、昼なら、この道、私の心臓では自転車では怖くて走れんな(笑)

国土交通省さん、もっと自転車に優しい道を作ってください。

f:id:memomemokun:20171001175559j:plain

 

と、ハプニングがありながらも、鳴子ダム湖(荒雄湖)中程にある荒雄湖大橋を無事通過。

 

f:id:memomemokun:20171001175721j:plain

 

橋を渡る頃には、日もだいぶ明け、朝焼けの中でのダム湖との遭遇。

f:id:memomemokun:20171001205600j:plain

 

 

荒雄湖大橋を渡っていると、いい感じの吊り橋が眼下左手に見えたので行ってみると、通行禁止とか。

 

雰囲気もあり、あまりにもいい感じの吊り橋なので、ちょっとだけ、写真撮影。

f:id:memomemokun:20171001174702j:plain

 

f:id:memomemokun:20171001174941j:plain

 

先ほど、2つの長〜〜いトンネルを抜け、渡って来た荒雄湖大橋はこんな感じ。

f:id:memomemokun:20171001175855j:plain

 

で、ダム湖でちょっとうろちょろしてから、ダム湖上流の渓流沿いに鬼首へ。

f:id:memomemokun:20171001180201j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171001180032j:plain

 

鬼首のシンボルでしょうか。赤鬼と青鬼のお出迎え。

f:id:memomemokun:20171001172328j:plain

 

橋の向いには混浴露天風呂のある 鬼首温泉 とどろき旅館

f:id:memomemokun:20171001193120j:plain

 

更に走ると、10 - 15分毎に高さ15m - 20mの間欠泉も吹き上がる、鬼首温泉郷の入り口へ。

f:id:memomemokun:20171001180255j:plain

 

鬼首温泉郷の入り口から、少し山道を登って行くと、なにやら、水が噴き出している。

 

と、思いきや、触ってみると温い!

え! いい感じの湯加減の温泉じゃん

これだけの噴出量、湯船にしたら、3〜4風呂は源泉掛け流しで出来そうだよね〜〜!と、道端に源泉垂れ流しの鬼首の凄さを早くも実感!

f:id:memomemokun:20171001180415j:plain

f:id:memomemokun:20171001180508j:plain

 

なんか、いい感じの、あちこちから湯煙の立ち上る、鬼首温泉郷。今度泊りたくなって来た。

ちなみに、昨日は時間の関係で鳴子温泉に泊りましたが、手持ちのバッテリー1回の充電で、仙台から鬼首温泉まで PAS CITY-X で余裕で来れることも判明。

f:id:memomemokun:20171001180555j:plain

 

 更に奥に行くと、温泉があちこちから吹き出す地獄谷遊歩道。

f:id:memomemokun:20171001181058j:plain

 

入り口付近の沢水は、触ってみると、水ではなく、吹き出した温泉に暖められて、結構、温く、なんか長湯出来そうな感じに暖まっています。

f:id:memomemokun:20171001192831j:plain

f:id:memomemokun:20171001192635j:plain

 

生卵持ち込み可で、温泉卵も造れます。

f:id:memomemokun:20171001192707j:plain

f:id:memomemokun:20171001192731j:plain

 

f:id:memomemokun:20171001192918j:plain

 

f:id:memomemokun:20171001193035j:plain

f:id:memomemokun:20171001192954j:plain

 

 と、鬼首温泉を後にし、後、半月もすると赤や黄色の錦秋に染まる、日本初の100m級アーチ式コンクリ-トダム。鳴子ダムへ。

f:id:memomemokun:20171001193607j:plain

 

f:id:memomemokun:20171001193634j:plain

f:id:memomemokun:20171001193836j:plain

 

f:id:memomemokun:20171001193939j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171001194211j:plain

 

 

 【走行データ】

f:id:memomemokun:20171001194327j:plain

 

 

f:id:memomemokun:20171001194409j:plain

 

f:id:memomemokun:20171001194355j:plain