ヤマハPAS CITY-Xで気ままに電チャリライフ

ミニベロ電動アシスト自転車(PAS CITY-X)であちこち出かけた時の記録を残してます。

PAS CITY-Xの自転車チェーンを交換してみよう!

前回、PAS CITY-Xに使えそうなピッチ×内幅 1/2× 1/8の自転車チェーンを調べてみましたが、PAS CITY-Xの自転車チェーンを実際に取り替えてみることに。

 

pas.hateblo.jp

 

近所の自転車屋に用事があったので、買って来たのはたまたま見つけた、ホームセンターなどでも見かけるニッケルメッキのサギサカのチェーン。

 

KMC 1スピード用チェーン HV410 シルバーとたぶん同等製品の中身はKMCのチェーンなので、Amazonより割高の1,600円程。同等の商品がAmazonにもありますが(自転車 チェーン 1/2×1/8 SAGISAKA←チェーンのコマ数がわからないので、完全に同じ物かどうかはわかりません)、チェーンの長さが切ったり繫いだりしなくていいPAS CITY-Xにピッタリの102LINKだったのと、ネットでクレジットカードは使わない人なので、Amazonで他に買う物もなかったし、送料と代引き手数料を考えたら、ほとんど代金は変わらないかと、今回は試しにこちらを使ってみることに。

 

 

f:id:memomemokun:20170814121952j:plain

 

開封してみると、こんな感じで、チェーン本体とチェーンを簡単に繋げる3つの部品からなるジョイントセットからなります。

f:id:memomemokun:20170814124203j:plain

 

繫ぎ方としては、クリップ型繫ぎ手ピンをチェーン両端のピン穴に通してチェーンを繫ぎ(実際には自転車のギアに掛けてセットしてからですが)

f:id:memomemokun:20170814124243j:plain

 

リンクプレートを穴に通したクリップ型繫ぎ手ピンのピン側にかぶ

f:id:memomemokun:20170814124311j:plain

 

継ぎ手クリップを写真のようにかぶせて、クリップを右側にスライドさせて、ピンにカチットするまではめ込めば出来上がりとなる、簡単装着となります。

f:id:memomemokun:20170814124337j:plain

 

なお、上の写真の場合だと、左側、継ぎ手クリップの閉じてる側がチェーンの回転方向になります。

 

ジョイントセットやミッシングリンクでチェーンを繫ぐ時の良い点は、チェーンをメンテする際に、チェーンを簡単に外してクリーニングが出来る所。

 

また、写真の例では、ジョイントセットはチェーンと同色ですが、チェーンと色の違うジョイントセッやミッシングリンクを使うと、チェーンを回転させながら油を注しても、ミッシングリンクから油を注していくと、どこまで油を注したかが簡単にわかります。

 

試しに、(チェーンに付いてたグリースは動きも良く、悪い物ではなかったのですが、どのみちいつも使ってるチェーン油を注すので)、ダイナミックな(笑)チェーンの洗浄例ということで、

 

自転車を乗り回して汚れたチェーンの頑固な汚れは使い古しの歯ブラシなどでゴシゴシしながらパーツクリーナーで吹き飛ばし、チェーンを自転車から外して、チェーン表面を厚手のアルコールタイプのウエットティッシュなどで奇麗にしてから、2Lぐらいのペットボトルにチェーンを丸ごと入れ。

f:id:memomemokun:20170814130100j:plain

 

換気の良い火気厳禁の場所で!

必要量の灯油やパーツクリーナーでペットボトルに入れたチェーンを浸してから、

f:id:memomemokun:20170814130158j:plain

 

ペットボトルごとガシャガシャすると、手も汚さず、チェーンの噛み合いの隙間の奥まで、徹底的に簡単洗浄出来ます。

f:id:memomemokun:20170814130240j:plain

 

 

それで、実際のチェーン交換ですが、

 

私が使っているのはシマノHG(6~11速)、UG、IG、カンパニョーロ(~11速)のチェーン対応。

チェーンフッカー(写真左側の針金のようなもの)とマスターリンクミッシングリンク)外し、それと補修用予備のプッシュピンも付いた、 シマノ、カンパなんでもござれのギザのYC-396というチェーンカッターですが

f:id:memomemokun:20170901075313j:plain

 

まずは、チェーンの切りたい所にチェーンフッカーをこんな感じにセットしてから

f:id:memomemokun:20170901074024j:plain

 

チェーンカッターをセットして、

(YC-396のチェーンカッターだと、チェーンを切る位置がずれないよう、チェーンカッターに付いてるガイド用の4つの爪にチェーンを引っ掛ける感じで、チェーンをチェーンカッターに乗っける感じでセットすれば、チェーンの抜くピンの中心にカッターのプッシュピンのピン先がピッタリあうよう自動的にセットされますので、チェーンカッターの位置決めがし易く、初心者でも非常に扱い易いです。)

 

チェーンカッターのハンドルを時計方向に回すと、チェーンカッターのプッシュピンが、チェーンのコマを繫いでるピンを押し出してくれるので

f:id:memomemokun:20170901074125j:plain

 

こんな感じで、チェーンが切れます。

f:id:memomemokun:20170901074223j:plain

 

あとは、切ったチェーンを外して、元の付いてるチェーンと同じ感じに新しいチェーンを取り付け(新しいチェーンが元のチェーンより長い場合は、ジョイントセットの接続部を入れて、元のチェーンと同じ長さ、同じコマ数になるようにチェーンカッターで始めに切っておいてください)、先ほど説明した感じでジョイントセットで新しいチェーンの両端を繋げて、オイルをさしてあげれば出来上がりとなります。

f:id:memomemokun:20170901074321j:plain

 

 

切って、外して、繫いで、オイルを塗るだけですので、自転車屋に持ち込んで高い工賃を払わなくても、慣れればパンク修理より簡単で、15分、20分もあれば自分で出来ちゃいます。

 

一度、ジョイントセットやミッシングリンクでチェーンを繋げてやると、次からは、古いチェーンを切る必要もなくなります。